1日何カロリー摂っていいの?ダイエットの基本はカロリー計算

ダイエットの基本と行っても良いのか、カロリーの摂取量を減らす、といったことです。

 

運動ダイエットといった考え方もありますが、食事に気をつけなければ効率的に痩せられません。

 

こちらではダイエット中の推奨摂取カロリー数についてお話します。

 

 

■人間はどのくらいカロリーを消費しているのかを知ろう

 

・人間が生きるために必要最低減なカロリー量とは

 

約1,200キロカロリーとされています。

 

もちろん体格差などもあり、人によって大きく異なっていますが、大体1,200キロカロリーくらいは何をしなくても我々は消費しているのです。

 

いわゆる基礎代謝量と呼ばれるものです。

 

心臓を動かすのに使っているようなカロリーといえば分かりやすいかもしれません。

 

ちなみに基礎代謝量を計算できるツールもネット上にあります。

 

そちらを利用して、自身の基礎代謝量を確認してみるのもおすすめです。

 

年齢35歳、体重60キロで計算してみたところ、1,271キロカロリーといった結果が出ました。

 

体重が重くなると基礎代謝量も大きくなるといった傾向があります。

 

一方で、痩せている方は基礎代謝量は少なくなります。

 

 

・1日の総消費カロリー数はどれくらい?

 

2,000キロカロリーが基準です。

 

2,000キロカロリー以上摂取してしまうと太りますし、2,000カロリー未満の摂取であると痩せられます。

 

たとえば、1日の消費カロリー数が2,000キロカロリーで摂取が2,200キロカロリーであるとすれば、200キロカロリーオーバーです。

 

痩せるためには、200キロカロリー分の食べ物を減らすか、運動して消費カロリーを増やす他ありません。

 

 

■ダイエット中のおすすめ摂取カロリー量

 

・1,500キロカロリー前後

 

2,000キロカロリー前後摂取してしまうと、目に見えて痩せる、といったことは難しいです。

 

その日の行動量によっては、2,000キロカロリーの摂取でも太ってしまう可能性も捨て切れません。

 

一方で、1,500キロカロリーであると、そのうち1,200キロカロリーは基礎代謝でまかなえます。

 

あとの300キロカロリーは通勤や通学、そして家事などで普通に消費されているのです。

 

しかも、過度な食事制限をする必要もないカロリー数なので、健康的なダイエットに適した数字と言えます。

 

消費カロリーが2,000キロカロリーとすると、1日あたり500キロカロリーのダウンとなります。

 

脂肪1キロは約7,000キロカロリーとされているので、14日間で脂肪1キログラムを減らせる計算になります。

 

まずは脂肪を1キロ減らす、といった目標を立ててダイエットしてみませんか。

 

1キロですが、見た目も変わってくるはずです。




注目の人気記事@今、実力のあるダイエットサプリ使用感レビュー↓↓