便秘になると太って肌荒れに!痩せるためには便秘を解消しよう

便秘には、女性にとって非常に嫌な作用が2つあります。

 

太りやすくなること
肌荒れが起こりやすくなること

 

女性にとって大きなダメージといっても過言ではありません。

 

こちらでは、便秘と肥満、さらに肌荒れの関係性についてお話します。

 

 

■便秘と肥満の関係性

 

・栄養を最後まで吸収してしまう

 

腸内にずっと食べ物がとどまってしまいます。

 

その結果、栄養がどんどんと腸に吸収されることになるのです。

 

たとえば、炭水化物を食べたとしても、そのすべてが吸収されるわけではありません。

 

便秘でない方であれば、早い段階で排出されるので、一定の糖質しか摂取されないで済みます。

 

しかし、便秘ともなると、長時間腸内に炭水化物が留まります。

 

少ない量であったとしても、その栄養素がしっかりと体内に取り込まれてしまい、結果的に肥満に繋がることがあるのです。

 

 

・内臓の働きが弱って肥満に繋がる

 

内蔵を動かすにもカロリーを消費しています。

 

しかし、便秘ということは少なくても腸などの働きが弱っていることを表しています。

 

使われるべきカロリーが便秘だと消費されていない、といった状態になるわけです。

 

これもまた、肥満の大きな理由になってしまいます。

 

 

■便秘と肌荒れの関係性

 

・腸内環境の悪化が肌荒れに繋がる

 

便秘になってしまうと、善玉菌と悪玉菌のバランスが大きく崩れてしまうのです。

 

一般的に、正常な腸内細菌のバランスは、善玉菌が80%、悪玉菌が20%と言われています。

 

しかし、便秘の方は悪玉菌の割合が増えているケースが極めて多いことがわかっているのです。

 

悪玉菌が多くなると、便の腐敗や発酵といったものが起こってしまいます。

 

有害物質も発生してしまい、健康状態が著しく悪くなる、といったことも考えられるのです。

 

問題は便秘によって腸内で発生した有害物質がどこから排出されるのか、といったことです。

 

実は、お肌から排出されることがわかっているんですよ。

 

基本的におならなどで排出されればよいのですが、便によって出口を蓋されているので、腸内から血液の中に入り込み、各毛穴から排出されるのです。

 

有害物質はお肌の酸化などを進めてしまうことにもなりかねません。

 

新陳代謝に遅れが出てしまったり、様々な悪影響を及ぼしてしまいます。

 

要はお肌の老化を招くのが便秘なのです。

 

女性にとっては特に大事なお肌なので、積極的に便秘対策を実施してお肌を健康的な状態に保ちましょう。




注目の人気記事@今、実力のあるダイエットサプリ使用感レビュー↓↓