どうして40代になると20代の頃に比べて痩せにくいんだろう?

年齢とともに、どうしても太りやすい、といった状態になりやすいです。

 

20代の頃と同じように40代でも食べていたら、太ってしまいますよね。

 

年齢というものは、非常に恐ろしいものなのです。

 

こちらでは、なぜ年齢とともに太りやすくなるのか、といったことを徹底解説します。

 

 

■加齢による基礎代謝量の低下

 

・若いころは何をしなくても消費していたが・・・

 

若い女性が大食漢であるのに、全く痩せていない、といったケースも極めて多いです。

 

お酒も飲むしお肉も好き、といった女性がスレンダーな体型を維持しています。

 

その理由は、自然と消費しているからに他なりません。

 

勝手に食べたものを基礎代謝で消費しているのです。

 

基礎代謝量とは、何もしなくても勝手に消費しているものを指しています。

 

要は心臓を動かしたり、といったモノで消費しているカロリーのことを指しているのです。

 

年齢を重ねると、その基礎代謝量が著しく落ち込んでしまいます。

 

若い時と同じ分だけの食事をしてしまうと、脂肪はたまる一方です。

 

痩せるどころかどんどんと太ってしまうことも考えられます。

 

まずは、若い時と消費カロリーに大きな違いがある、といったことは理解しておくべきです。

 

 

■血行不良によって痩せにくくなる

 

・冷え性を発症している女性は要注意

 

年齢が高くなる毎に冷え性に陥ってしまう女性が多くなります。

 

特に、40代になると多くの女性が冷え性を発症してしまいます。

 

血行不良によって冷え性は起こってしまうのですが、特に注意すべきなのが消費カロリーの低減です。

 

身体を温めるためにもカロリーを使っています。

 

しかし、冷え性になれば、手足などは冷えたままです。

 

カロリーを消費しません。

 

冷え性が進行してしまうと、内臓まで冷えることになってしまいます。

 

内臓の機能も低下し、どんどんと太りやすくなってしまうのです。

 

 

■ストレスの方による体重増

 

・40代は何かとストレスが溜まりやすい

 

お子さんのことで悩みが生じてくる、といったこともあります。

 

職場に戻って、そこの人間関係で悩む、といったことも考えられるのです。

 

さらに注意したいのが、更年期障害です。

 

女性ホルモンのバランスが崩れることで、様々な症状が出てきてしまいます。

 

火照りがあったり、倦怠感があったり、だるくなったり、不眠症になってしまったり、といったこともありえるのです。

 

更年期障害のストレスは特に大きく、ドカ食いなどの現象を引き起こしてしまうこともあるので注意してください。




注目の人気記事@今、実力のあるダイエットサプリ使用感レビュー↓↓