内臓脂肪を減らせるラクトフェリンで便秘解消できるって本当?

内臓脂肪を減らせるとのことで話題になっているのがライオンでお馴染みの「ラクトフェリン」です。

 

体内の環境を整えて健康的なダイエットの成功のために作られた成分でもあります。

 

そんなダイエットサプリメント成分の一つであるラクトフェリンですが、便秘解消能力はあるのでしょうか。徹底的に調べてみました。

 

 

■ラクトフェリンには便秘解消機能あり

 

・腸内環境の改善作用に注目

 

ラクトフェリンは、腸内の善玉菌をサポートする機能を持っているのです。

 

善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ、悪玉菌の割合が増えてしまうと便秘になってしまいます。

 

そこでラクトフェリンの出番です。

 

ラクトフェリンには、善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌といった菌を増やす作用があります。

 

腸内環境を正常化させる役割があるのです。

 

その結果、腸内の悪玉菌も少なくなり、便秘の発生を押さえ込めます。

 

さらに、有毒ガスなどを発生させる確率も減らせるようになり、口臭や体臭を抑えることにもつながってくるのです。

 

定期的にダイエットサプリメントとしてラクトフェリンを摂取して、便秘を解消してみませんか。

 

特にお通じが定期的に出ない、と悩んでいる方にはおすすめの成分ですよ。

 

 

■ラクトフェリンの便秘解消以外の機能とは?

 

・抗酸化作用あり

 

要は美肌機能といったものがあるのです。

 

お肌に紫外線が当たると、過酸化物質といったものが創りだされてしまいます。

 

シミの原因になってしまうものなので、いかにお肌を酸化させないようにするかが大事になってきます。

 

ラクトフェリンには、抗酸化作用があるので利用しておくとお肌を酸化から守ります。

 

紫外線を浴びたお肌から過酸化物質が作られにくい状況になるのです。

 

女性の中には、シミがたくさん出来ているのが悩み、といった方もいますよね。

 

そんな方におすすめしないのがラクトフェリンでもあるのです。

 

 

■ラクトフェリンの利用方法における注意点

 

・お湯で飲まないこと

 

ラクトフェリンには大きな弱点があります。

 

熱に弱く、熱にさらされてしまうことで破壊されてしまうのです。

 

ラクトフェリンを飲むときには、なるべく常温の水を利用してください。

 

熱いお茶やコーヒーなどでは飲まないでくださいね。

 

 

・加工機術がしっかりとしているメーカーのものを利用すること

 

ラクトフェリンは酸に弱い、といった特徴もあります。

 

胃酸によって壊されてしまうことがあるのです。

 

ですから、コーティング技術の高い業者の利用がおすすめです。

 

胃の中でもある程度は酸からラクトフェリンを守ってくれるコーティングを施されたサプリを利用してください。

 

 

この記事の関連ページ