酵素と酵母の違いってナニ?どっちがダイエットに効果的なの?

ダイエットに効果的な成分として直あげられるのが、「酵素」や「酵母」ですよね。

 

どちらとも健康的な成分としては知られているのですが、どのような機能があるのか、といったことは多くの方が知りません。

 

こちらでは、どちらを摂取したほうがよりダイエットに繋がるのか、といったことお教えします。

 

 

■酵素と酵母の働きを確認してみよう

 

・酵素の働きとは?

 

吸収や消化を助ける機能があります。

 

消化酵素や代謝酵素、といったものがあり、それらを補強することで、よりエネルギーが消費されやすい状態にできるのです。

 

運動ダイエットなどに合わせて酵素を利用すると、より痩身効果が得られやすくなります。

 

 

・酵母の働きとは?

 

糖を分解してエネウギーを創りだす、といった働きを持っています。

 

ビールを作る時などに酵母が必要になることでも知られていますよね。

 

麦などの糖質を発酵させる力を持っているのです。

 

体内では、入ってきた糖質などを分解して体内に脂肪として吸収されるのを抑える働きがあります。

 

結果的に、体内に身につく脂肪量を抑えることが酵母には期待できるのです。

 

 

■酵母と酵素どっちがダイエットに有利なのか?

 

・酵母が有利!

 

酵素にもそれなりの力はあります。

 

ダイエットにオススメの成分であることは間違いありません。

 

しかし、1点注意しておきたいのが、酵素と酵母ですが、機能するところに違いがある、といったところです。

 

酵素に関しては、体内に入ってきた栄養を活かす、といったところまではダイエット効果を発揮しません。

 

入ってきた栄養を使う、といった段階で代謝が良くなるといったダイエット効果を発揮するのです。

 

痩身効果としては後手に回っている印象があります。

 

酵母に関しては、炭水化物などの糖質が入ってくると、分解して跛行させてしまいます。

 

要は身につかないようにする機能があるのです。

 

未然に肥満を防ぐ機能が酵母にはあります。

 

酵素に比べて、早い段階で結果を出してくれるので、ダイエット効果がより高い、と判断させてもらいました。

 

 

■酵母の注目すべき作用

 

・胃腸の機能を高めてくれる

 

夏場などは、夏場でなどを起こして胃腸が弱っている方も多いですよね。

 

そんな方にもおすすめなのが酵母です。

 

酵母には胃や腸の働きを正常化してくれる作用もあります。

 

消化不良
食欲不振

 

といった症状にも大きなプラス作用が期待できるのです。

 

胃腸のコンディションがあまり良くない場合には、酵母を有効活用してみませんか。




注目の人気記事@今、実力のあるダイエットサプリ使用感レビュー↓↓