知らないと損をする@ダイエットサプリの効果的な飲み方

ダイエットサプリを何も気にせずに飲んでいませんか。

 

それでも効果は出るかもしれません。

 

しかし、より効果的な飲み方があったとしたらいかがでしょうか。

 

ダイエットサプリも安いものではないので、少しでも効果が高まる飲み方を実施しましょう。

 

こちらでは、より効果を高めやすいサプリメントの飲み方についてレクチャーします。

 

 

■食欲抑制系、カロリーカット系サプリの飲む時間帯に注目!

 

・食前に飲まなければ意味が無い

 

食欲を抑制するのに、食後に飲んでいては意味があるでしょうか。

 

全くありませんよね。ですから、必ず食前に飲んでください。

 

カロリーカット系サプリメントについても注意しましょう。

 

これから食べ物が胃腸に入ってくる、といった段階で摂取すべきなのです。

 

ですから、カロリーカット系に関しても食前に飲まなければ意味がありません。

 

サプリメントの種類によっては、飲む時間帯に差が出てくる、といったことは覚えておくべきです。

 

 

■水で飲むこと

 

・お茶やコーヒーで飲むべきではない

 

サプリメントに含まれる成分とカフェインとの相性があまり良くない、といったケースも考えられます。

 

そもそも、カフェインには利尿作用といったものもあり、ダイエットの環境にそぐわない飲み物でもあります。

 

飲むときには、必ず水を利用してください。

 

水であれば特にカロリーも含まれていません。

 

サプリメントと相性の悪い成分が含まれている、といったこともないのです。

 

ただ、水には硬水や軟水といった種類もあります。

 

ダイエットにおすすめの水は硬水とされていますが、特にダイエットサプリメントを飲むときには気にしないで構いません。

 

軟水でも平気です。

 

 

■水の温度はどれくらいがベストなのか?

 

・常温にすること

 

冷水で飲みたい、と思っている方もいるかも知れません。

 

しかし、冷たい水で摂取してしまうと、胃腸を冷やしてしまうことになります。

 

胃腸を冷やしてしまうと、栄養の吸収力といったものが落ちてしまいます。

 

せっかくダイエットサプリでダイエット機能のある成分を摂取したとしても、それが大きく活かせない、といった状況になりかねません。

 

一方で、温かい水なら胃腸を守ることに繋がるのではないか、といったことも思いますよね。

 

温かい水であれば、たしかに胃腸に優しいことは間違いありません。

 

しかし、注意しなければいけないのがサプリの成分です。

 

実は高温のものに影響をうけやすい成分もあるのです。

 

有名なのが酵素ですね。

 

酵素は高温に影響を受けやすく成分が破壊されやすい、といった特徴があります。

 

ダイエットサプリを飲むときは、常温の水を利用してください。

 

 

この記事の関連ページ