最近よく聞くBMIって何だろう?知っておきたい自分の理想体型

自分を客観的に見て肥満なのか、それとも普通体型なのか、といったことを知りたくはありませんか。

 

こちらでは、BMIといったもので、自分の体重が理想的なのか、といったことを調べる方法についてお教えします。

 

何も目標を持たずにダイエットするのは良くありません。

 

自分の理想的な体重を確認したうえで、目標を設定するのがおすすめですよ。

 

 

■BMIとは何だ?

 

・WHOで定めた肥満判定の国際基準である

 

1994年に定められた、理想体重の指標となるものです。

 

国内でも健康診断で使っています。

 

ただ、女性の考える理想体重とは少し異なっている点にも注目すべきです。

 

たとえば、モデルのような方をBMIで測定すると、明らかに痩せすぎ、といった判定がされます。

 

一方で、ある程度ガッチリしていて体重がある方でも標準体型と判断されることが多いのです。

 

BMIは計算式があり、その計算式に当てはまると数字が出てきます。

 

その数字が大きくなれば大きくなるほど体重がおもすぎる、と判定されます。

 

一方で、数字が小さくなれば小さくなるほど体重が少なすぎる、と判定されるのです。

 

 

■BMIの計算式とは?

 

・体重(キログラム)÷(身長(メートル)×身長(メートル))

 

電卓があれば簡単に計算できるので、とくべつむずかしいものではありません。

 

ではちょっとした例題として計算をしてみましょう。

 

慎重が155センチで50キロある方はどのような数値となるのでしょうか。

 

計算式としては、

 

50÷(1.55×1.55)で表されます。

 

計算結果は「20.8(以下略)」と出るわけです。

 

問題はその数字が標準なのか、それとも重いのか、それとも軽いのか、といったことですよね。

 

 

■BMI値の標準・肥満・低体重の基準とは?

 

・標準値・・・18.5から25.0未満
・肥満値・・・25.0以上
・低体重値・・・18.5未満

 

 

前述した、慎重155センチで体重が50キロの場合ですが、標準である、と判断されているわけです。

 

体重が重いとはBMI値では示されていません。

 

標準値に関してはかなり幅広くなっているので、思った以上に標準の間に入る方が多いはずです。

 

・日本人向けの理想値はどれくらいなのか?

 

男性・・・22.0
女性・・・21.0

 

上記の数値に近い状態である方は、特別ダイエットをする必要はないと考えられます。

 

ただ、BMI値には問題点もあります。

 

病気にかかる確率から導き出されている標準体重を表すものだ、といったところが問題なのです。

 

美容のためにダイエットをしよう、としている方にはあまり参考にならないのです。




注目の人気記事@今、実力のあるダイエットサプリ使用感レビュー↓↓