知ってる人は得をする!痩せる食べ物と太る食べ物の違い

食べ物には太りやすいものと太りにくいものがあります。

 

同じ栄養素を摂取できたとしても、カロリーに大きな違いがあることも珍しくありません。

 

こちらでは痩せる食べ物と太る食べ物についてお話します。

 

ダイエットを考えている方に、今後の食生活を考えるきっかけにしてもらえたら幸いです。

 

 

■痩せられる食べ物

 

・みょうが

 

体内に塩分が蓄積されるのを防いでくれる食べ物です。

 

体内に塩分が蓄積されると、水分が体内に貯めこまれてしまいます。

 

それがむくみにつながってしまうのです。

 

新陳代謝に問題が起こってしまい、肥満を引き起こしかねません。

 

みょうがにはカリウム、と呼ばれる成分が含まれています。

 

カリウムには、塩分を排出させる能力があるのです。

 

みょうがには見組解消の作用だけでなく、消化を促進させてくれたり、血行を促進してくれる、といった嬉しい機能も有しています。

 

 

・キムチ

 

韓国を代表する料理であり、日本にも広まっています。

 

発酵食品であり、乳酸菌を豊富に含むなどの健康食品であることも知られていますよね。

 

キムチには脂肪を燃焼してくれる機能があります。

 

唐辛子の辛味成分であるカプサイシンに、脳内のアドレナリンを分泌させる作用があります。

 

アドレナリンが出てくると、エネルギーの消費が加速するようになります。

 

脂肪が燃焼しやすい状態になるのです。

 

 

・大豆製品

 

高タンパクであり低カロリーです。

 

筋肉がつきやすくなる一方、脂肪になる可能性が低く非常に使い勝手が良い食材です。

 

納豆や豆腐といった食品としても接種可能で、食べ飽きることもありません。

 

 

■太りやすい食べ物

 

・ジャンクフード

 

炭水化物が多く含まれており、しかも油も多く使って料理されています。

 

カロリーがものすごく高くなっており、摂取すると消費しきれない、といった状態になりかねません。

 

カロリーが高すぎる食べ物は太りやすい、といったことは覚えておくべきです。

 

ジャンクフードは美味しいわけで、時々食べたくなるものですが、ダイエットを成功させるためには我慢すべきです。

 

 

・体を冷やす食べ物

 

アイスクリームやもやしといった野菜に関しても太りやすい、とされています。

 

身体を冷やしてしまう食べ物は、新陳代謝などを悪くしてしまう可能性があります。

 

冷え性を誘発してしまい、消費カロリーを減らしてしまうのです。

 

ダイエットを成功させるためには、身体を温めることが重要ですよ。




注目の人気記事@今、実力のあるダイエットサプリ使用感レビュー↓↓