要注意!メタボになりやすい原因はホルモン低下だった

メタボリックシンドロームは40代になると急になる方が増えてしまいます。

 

肥満だけでなく、血圧などの結果の健康も大きく関わっており、生命の危険性についても注意しなければなりません。

 

こちらではメタボになってしまう原因を徹底調査します。

 

 

■ホルモン量の低下がメタボリックシンドロームを生む

 

・40代になると男女ともにホルモンが低下する

 

20代には男女ともにホルモン量がピークを迎えます。

 

しかし、30代になるとどんどんと落ち込んでいき、40代でがくんと落ち込んでしまうのです。

 

その結果、更年期障害といったものも生まれてしまいます。

 

更年期障害は女性のみに起こってしまうものと思われていますが、男性に起こる可能性があることも知っているでしょうか。

 

実は女性と同じように男性も更年期障害が起こってしまい、鬱になってしまうケースが多く報告されているのです。

 

ホルモン量ですが、男性の場合は男性ホルモンが低減し、女性は女性ホルモンが低減します。

 

男性ホルモンは、筋肉量などに大きく関わります。

 

40代になると筋肉量が落ち込んでしまう方もおり、結果的にメタボになりやすくなってしまうのです。

 

一方で、女性ホルモンに関しては、血行に関わっています。

 

血行が悪くなってしまうと、消費されるカロリーが低減してしまいメタボリックシンドロームになりやすくなります。

 

ホルモン量の低下は年齢とともに仕方ない部分もあります。

 

しかし、サプリメントなどで、ホルモン量の低下を緩やかにすることも可能です。

 

緩やかにできれば、急激なメタボリックシンドロームを迎えることもありません。

 

対策も立てやすくなりますよね。

 

おすすめのサプリメント成分としては「マカ」などがあります。

 

ホルモンバランスを整える機能があり、各ホルモンの低原料を抑えられる、としているのです。

 

 

■ホルモン以外のメタボリックシンドロームの原因とは?

 

・低体温

 

要は冷え性になっているとメタボリックシンドロームになりやすいことがわかっています。

 

冷え性に悩んでいる、といった方は40代に入る前にもメタボになってしまう可能性があり、十分に注意しなければなりません。

 

低体温を抑える方法としては、運動などがあります。

 

定期的に体を動かして、血行を高めてやるのです。

 

血行を高めることができれば、身体が温まりますよね。

 

手足にもしっかりと血液が送られるようになり、末端冷え性も落ちつきます。

 

冷え性対策にはサプリメントもおすすめです。

 

カプサイシン(唐辛子の辛味成分)といったものが含まれているサプリメントもありますよ。




注目の人気記事@今、実力のあるダイエットサプリ使用感レビュー↓↓