晩ご飯を抜くと痩せられるって本当?効果が現れるまでの期間は?

食事を抜くダイエット方法もあります。

 

朝食・昼食・夕食のうちどの食事を抜いたらいいのか、といったことで悩んでしまう方もいるかもしれません。

 

そんな時におすすめしたいのが夕食です。

 

最も効率的に痩せられる可能性があります。

 

こちらでは夕食を抜くダイエットをするときの注意点と効果が現れるまでにはどのくらいの期間がかかるのか、といったことをお話します。

 

 

■空腹感に弱い方はやめるべき

 

・空腹状態のまま寝なければならない

 

夕食を抜くということは、麻まで何も食べない、といったことを示しています。

 

前日のお昼に食事をしていこう、食べないわけですよね。

 

思った以上に空腹状態がきつい、と感じてしまう可能性があるのです。

 

中には、おかなが減るとお腹が痛くなってしまう、といった方もいるでしょう。

 

おなかが減ると眠れない、といった方もいるかもしれません。

 

そんな方はやめておいたほうが無難です。

 

睡眠が取れなくなるとストレスになってしまい、のちのちドカ食いを生んでしまう可能性もあるのです。

 

リバウンドするリスクもあるので、体質に合わない方は夕食抜きダイエットをしてはなりません。

 

 

■置き換えダイエットを用いる方法もある

 

・夕食の代わりに置き換え食品を利用する、といった方法もあり

 

夕食の代わりに置き換えダイエット食品を利用することもおすすめです。

 

置き換えダイエット食品を利用することで、完全なる空腹状態が創りだされるわけではありません。

 

お腹の中には一定の食べ物が入ってくるので、寝つきやすくなります。

 

空腹感に弱い方でも対応できるのです。

 

ぽ勧めの置き換えダイエット食品としては、酵素ドリンクやプロテインドリンクなどがあります。

 

栄養素も豊富なので健康的なダイエットが可能です。

 

 

■夕食を食べないダイエットの効果が出るまでの期間とは?

 

・早ければ1週間から2週間で効果が生まれてくることも

 

夕食1食あたり、600キロカロリーから800キロカロリーほどしています。

 

それを食べないので、10日あたりで6,000キロカロリーから8,000キロカロリー程度減らせられるのです。

 

1キロの脂肪を減らすためには7,000キロカロリー必要とされています。

 

ですから10日程度、夕食抜きのダイエットを行えば脂肪を1キロ程度減らすことにつながります。

 

脂肪が1キロ減るとかなりの差が生まれてきます。

 

ダイエット効果を実感できるはずですよ。

 

長期的に夕食を抜く、といった方法はお勧めできません。

 

栄養バランスが崩れてしまうからです。

 

1回あたり2週間程度にとどめて、しばらく3食に戻して再び1食抜く、といった対策方法をおすすめします。




注目の人気記事@今、実力のあるダイエットサプリ使用感レビュー↓↓