話題の低炭水化物ダイエットは無理なく痩せられるって本当?

痩せるためには炭水化物対策をしなければなりません。

 

そもそも、脂肪となるのが炭水化物なのです。

 

しかし、食事系ダイエットは辛い、といったイメージが付きまといます。

 

食事系ダイエットが辛いのは確かですが、実は炭水化物系のダイエットはそれほど辛くありません。

 

その理由についてお話します。

 

 

■1日あたり3食をしっかりとっても構わない

 

・減らすのは炭水化物のみ

 

一般的な食事ダイエットとしてイメージするのが、食事量全体を減らしてしまう、といったものです。

 

1日あたり1食や2食を抜いて、つらい空腹感に耐えなければならない、という印象もあります。

 

炭水化物ダイエットは、炭水化物だけを制限します。

 

たとえば、野菜を食べても良いですし、お肉を食べても構いません。

 

要は、主食であるご飯やパン類だけを減らせばよいのです。

 

1日あたり3食食べても構いません。

 

空腹感に弱い、といった方でも安心して取り組めるのが炭水化物系ダイエットの大きなメリットなのです。

 

過去に、食事ダイエットで失敗してしまった、といった方にも是非試してもらいたいです。

 

 

■炭水化物は一切取らないのか?

 

・多少はとってもかまわない

 

炭水化物を一切取らないダイエット法があることも確かです。

 

しかし、多少はとっても構いません。

 

一切とってはいけない、といった決まりはないのです。

 

普段摂取するよりも減らせば、その分だけ痩せられるので、たとえば、1食だけ炭水化物を一切取らない、といった方法でも構いません。

 

残りの2色は普段通りの炭水化物を食べて良いのです。

 

炭水化物抜き、といったダイエットですが、期間を限定してください。

 

1日から3日程度が限度です。

 

それ以上の期間行ってしまうのは危険なので、無理はしないでください。

 

一方で、前述したように少し摂取量を減らすといった方法であればそれほど危険性はありません。

 

2週間程度行ってどれくらい痩せたのかを確かめてみましょう。

 

自身と炭水化物制限ダイエットの相性が良いかを確かめるのです。

 

 

■お肉は食べても平気なの?

 

・問題ありません

 

お肉を食べると太る、といったイメージがあります。

 

確かに、お肉には脂がありますよね。

 

脂分を摂取すると太ってしまうと思われがちですが、実はそうでもありません。

 

お肉を食べて脂肪になってしまう、といったことは割合としては少ないのです。

 

我々の身についている脂肪の殆どは炭水化物が原因なんですよ。




注目の人気記事@今、実力のあるダイエットサプリ使用感レビュー↓↓