お手軽で簡単だから覚えておきたいツボ押しダイエット

手軽なダイエット方法として「ツボを押す」といったものもあります。

 

ツボ押しダイエットですが、問題はどこのツボを押すとどのような効果が得られるのか、といったことです。

 

こちらでは、ツボ押しダイエット法について徹底解説します。

 

少し簡単なダイエットを行いたい、と思っている方は必見です。

 

 

■顔やフェイスラインを痩せる種のツボ押し

 

・親指の第一関節の裏側を押しながら手首の方に押しこむこと

 

ちょっと手首に痛気持ちいい感覚があると思います。

 

フェイスラインを整える作用のあるツボ押しとされており、1回あたり5秒から10秒程度押してあげてください。

 

1日あたり2回から3回程度行えば十分です。

 

 

■食欲を抑える効果のあるツボ押し

 

・足の三里(あしのさんり)のツボを押そう

 

ヒザ下にあるツボです。消化吸収力を高めるといった作用があり、胃の働きを正常化させる機能を持っています。

 

具体的な場所は、ヒザの指3本くらい下になります。

 

その部位を1回あたり3秒程度押し込んでください。

 

行う回数ですが、5回から10回程度が適切です。

 

食事前などに行っておくことでダイエット対策に大いに役立ちますよ。

 

 

・癘兌(れいだ)のツボを押そう

 

足の人差し指の爪の根元にあるツボです。

 

異能機能を鈍らせるといった機能を持っています。

 

食欲を抑える働きがあるので、食べ過ぎてしまう、といった方に有効的なツボなのです。

 

食事の30分程度前に教えておくと、食欲が抑えられるので効果的です。

 

 

・胸腹区(きょうふくく)のツボを押そう

 

手の甲側にあるツボで、中指と人差し指の付け根の骨のあいだにあります。

 

ツボを押すだけではなく、つねって刺激を与える、といった方法もありますよ。

 

胃腸の働きを抑えられるツボであり、食べる量を低減させられます。

 

外食前に押しておく、といったことも良いかもしれません。

 

特に外食はどうしても食べ過ぎてしまいますよね。

 

しかもカロリーが高いものも多いです。

 

健康にもマイナスの影響を与えてしまいかねません。

 

 

■ツボを押す時の注意点

 

・強い痛みが出た場合には注意すること

 

多少痛いくらいであれば問題ありません。

 

しかし、ツボを押して強い痛みがある場合には、すぐに中止してください。

 

強く押しすぎている可能性もありますし、誤ったところを押している可能性もあります。

 

痛ければ痛いほど効果が高い、といったものではないので無理する必要はありませんよ。

 

軽くゆっくり押す感覚で構わないのです。




注目の人気記事@今、実力のあるダイエットサプリ使用感レビュー↓↓