ダイエット中でのオッケー!食べても太らない肉の食べ方とルール

ダイエット中でもしっかりと食事は楽しみたい、そんな方も多いと思います。

 

特にお肉は美味しいですよね。

 

しかし、肉については注意しなければなりません。

 

脂質も多く含んでおり、ダイエットの大敵でもあるからです。

 

こちらではダイエット時でもお肉を楽しむ方法についてお話します。

 

ちょっとした心がけしだいで、ダイエット中のお肉も楽しめるようになりますよ。

 

 

■夜の遅い時間には食べない

 

・夜の8時までには食事を終えること

 

夜はカロリーの消費がされにくいです。

 

食べたものがそのまま肉となってしまいやすいのです。

 

だからこそ、なるべく早い時間帯に食べ終わる、といったことが大切になります。

 

夜8時までとしましたが、お肉を食べるのは、できれば昼間までにしたほうが良いです。

 

夕方以降に食べてしまうと、消費カロリーが減った状態となっているので、負担となりやすいからです。

 

 

■食べて良いお肉を食べること

 

・赤身のお肉がおすすめ

 

赤身のお肉については、脂質がそれほど多く含まれていません。

 

比較的健康的な食べ物でもあるのです。

 

そもそも赤身のお肉については、「L-カルニチン」と呼ばれている成分が含まれています。

 

L-カルニチンについては、脂肪の燃焼効果が期待できます。

 

脂肪を積極的に減らしてくれるお肉でもあるのです。

 

ホルモンについてもおすすめのお肉です。

 

ホルモンはそもそも低カロリーなので、食べたとしても身についてしまう可能性は低いです。

 

しかも、栄養が豊富です。

 

ホルモンを食べると新陳代謝が活発に行われる可能性があり、ダイエット中に食べるとより痩身効果が高まる可能性も否定できません。

 

 

【ホルモンに含まれる栄養素例】
・ビタミンA
・ビタミンB群
・鉄分
・亜鉛
・コラーゲンなど

 

 

■お肉の食べ方にも注意しよう

 

・網で焼くとカロリーダウン!

 

お肉を食べる時ですが、網で焼く、といった方法がおすすめです。

 

網の上で焼くと余計な脂分をカットできますよね。

 

網の下に脂が落ちていくので、食べないで済むわけです。

 

どのくらいカロリーがダウンできるのか、といったことを知りたい方もいるかもしれません。

 

実は、2割から3割程度もカロリーがダウンできます。

 

焼肉店に行けば網でお肉を食べられますよね。

 

実は焼き肉は健康的な食べ物でもあるのです。

 

 

・お酒と一緒に食べないこと

 

アルコールは、脂肪を身に着けやすくする作用があります。

 

お酒を呑むのではなく、お茶などカロリーがほとんどないような健康的なドリンクを食事のお供にしてください。




注目の人気記事@今、実力のあるダイエットサプリ使用感レビュー↓↓