半身浴はもう古い!全身浴は短時間で高いダイエット効果あり

ダイエットと入浴を考えると、半身浴をする、といったことに大きなメリットがあります。

 

しかし、最近では短時間の全身浴のほうがいいのではないか、といった話も出てきています。

 

こちらでは新しい考え方の、短時間の全身浴について徹底調査してみました。

 

高いダイエット効果はあるのでしょうか。

 

 

■短時間の全身浴ダイエットの効果

 

・筋肉の緊張がほぐれる

 

リラックス効果がえられる、といったメリットがあります。

 

筋肉のコリ、といったものがほぐされるので、身体が動かしやすくなるのです。

 

お風呂から出たあとの身体が動かしやすくなることにより、カロリーの消費率がアップする、と考えられます。

 

 

・デトックス効果が得られる

 

利尿ホルモンが分泌されやすくなります。

 

身体に不必要な老廃物が排出されやすくなることで、お肌が綺麗になるといった効果が得られます。

 

お肌の新陳代謝も良くなるので、よりカロリーが効率的に消費されやすくなるのです。

 

 

・血流が促進される

 

全身浴となると、身体に水圧がかかることになります。

 

水圧がかかると、心肺機能が自然と高まります。

 

その結果、血流が良くなるので、身体が温まりやすくなり、しかもカロリーが消費しやすくなるのです。

 

 

■短時間の全身浴ダイエットの方法とは?

 

・お風呂の温度とは?

 

半身浴のように低くしません。

 

41度から42度といったちょっと高温のお風呂にします。

 

短時間で効率的に体を温めるために、温度を高めにします。

 

 

・入浴している時間は?

 

2回から3回に分けて入浴します。

 

1回あたりの入浴時間は3分程度なので、計10分程度の入浴になります。

 

温度が41度から42度といった高温なので、長時間はいるのは健康にも良くありません。

 

出たり入ったり、といったことを繰り返すことで、身体に与えるマイナスの要素を取り除きます。

 

 

・全身浴といってもどこまでお湯につけるべきか?

 

肩までしっかりと使ってください。

 

半身浴のデメリットは、上半身が冷えてしまうところでした。

 

全身浴ダイエットは、肩までしっかりと浸かって全身を暖めることにあります。

 

心臓をしっかりとつけていることになるので、長時間入浴は絶対に避けてくださいね。

 

特に冬に関しては、心臓に大きな負担をかけてしまうかもしれません。

 

 

■1回の入浴でどのくらいカロリーを消費するのか?

 

・200キロカロリーから300キロカロリー消費できることも

 

驚きの数字と言っても良いかもしれません。

 

それだけの力が全身浴には備わっていたのです。

 

何も半身浴を長時間する必要はありませんよね。

 

今日から全身浴に切り替えるべきです。




注目の人気記事@今、実力のあるダイエットサプリ使用感レビュー↓↓