寒い時期のが痩せやすい!ダイエット始めるなら冬がおすすめ

季節によってダイエットが成功しやすかったり、しにくかったりすることを知っているでしょうか。

 

イメージとしては、夏が痩せやすいのではないか、と思いますよね。

 

そして冬が痩せにくい、と思うのです。

 

しかし、真実は逆です、冬のほうが痩せやすいのです。

 

こちらでは、なぜ冬のほうがダイエットが成功しやすいのか、といった理由に迫ります。

 

 

■体を温めるためにエネルギーを沢山消費する

 

・体温を維持するのが大変な冬

 

夏は汗をかくから痩せる、と思っていますが、実はカラダは冷やすよりも温めるほうがエネルギーを沢山利用しているのです

 

夏の気温が30度だとして、冬の気温を10度だとします。

 

我々の平均体温は36度程度ですよね。

 

気温が30度であれば平均体温とは6度しか変わりません。

 

カラダは体温を上げるためにほとんどエネルギーを使わないで済むのです。

 

一方で、冬の温度が10度で体温が36度だとすると、その差は26度もあります。

 

身体は気温に負けないようにしっかりとエネルギーを使って体温を高めなければなりません。

 

生命を維持するために一定の体温が必要なので、脂肪の燃焼も積極的に実施します。

 

その結果、冬は基礎代謝量がアップして、なにもしないのに痩せていく、といった状態になりやすいのです。

 

 

■冬は太るイベントも多い|食事には気をつけよう

 

・クリスマス
・忘年会
・お正月
・新年会

 

冬の時期は1ヶ月も経たない期間に様々なイベントが目白押しです。

 

たくさん外食をする機会もあるでしょう。

 

その結果、食べ過ぎてしまい、せっかく痩せられる季節なのに太ってしまうこともしばしばです。

 

そこで、どうすれば冬に効率的に痩せられるのか、といったことを考える必要もあるのです。

 

 

・食事量を抑えること

 

太らないための第一条件は食事の量を減らすことです。

 

外食した時に、なるべく炭水化物は摂取しない、といったことを心がけてみませんか。

 

さらに、アルコールの摂取量も抑えるべきです。

 

実は炭水化物とアルコールの同時摂取が太る原因を作ってしまいます。

 

炭水化物は糖質と呼ばれているのですが、脂肪の減量になります。

 

体内にエネルギーとして蓄えられてしまうのです。

 

一方で、アルコールに関しては、脂肪を体内に蓄えやすくする機能があります。

 

要は、炭水化物とアルコールを一緒に飲み食いしてしまうと、脂肪がつきやすくなるのです。

 

年末年始は外食でついつい飲み過ぎてしまう方もいると思いますが、その時は炭水化物を摂取しない、といったことを心がけるだけでもずいぶんと変わってきますよ。




注目の人気記事@今、実力のあるダイエットサプリ使用感レビュー↓↓