ダイエットサプリと痩せ薬の違いってナニ?安全なものを摂取しよう

痩せる方法として「ダイエットサプリ」と「痩せ薬」といったものがあります。

 

飲んで痩せようとするのですが、実際には大きな違いがあるんですよ。

 

こちらでは「ダイエットサプリ」と「痩せ薬」のどちらの利用がおすすめなのか、といったことをお話します。

 

 

■より安全性の高いものを摂取すべき!

 

・ダイエットに成功しても不健康では意味が無い

 

健康的に痩せる、これが非常に大切なことです。

 

体調まで崩してダイエットを成功させたとしても、またリバウンドしてしまうかもしれません。

 

ダイエットサプリについては、安全性が極めて強いです。

 

基本的に、天然成分を利用して自然に、そしてゆるやかに痩せることを目標としているのです。

 

要は、ダイエットをサポートするような感覚です。

 

急激に強い作用を体に与えるといったことはありません。

 

全てのダイエットサプリメントに副作用がないとは言い切れませんが、安全性が高いことは事実です。

 

一方で、ダイエットができる医薬品のことを「痩せ薬」といいます。

 

医薬成分が含まれており、副作用が出る確率が極めて高いのです。

 

ダイエット効果は高いかもしれませんが、どんな副作用が出てくるかわからないのも現状です。

 

そもそも、国内ではほとんどの痩せ薬の販売が認められていません。

 

危険性があるとのことで、認可をされていないのです。

 

利用したい場合には、美容クリニックなどで処方してもらうか、海外から個人輸入で取り寄せる他ありません。

 

個人輸入で海外のダイエットサプリを利用する、というのも大きな問題です。

 

欧米人向けに作られているケースが多く、日本人女性の体質に合わない可能性もあります。

 

欧米人の女性は体格も良いので、多少強めの痩せ薬にも対応できますが、日本人女性の場合はより強い副作用がでてしまうかもしれないのです。

 

 

■ダイエットサプリにも一定の効果は期待できる

 

【ダイエットサプリの効果例】
・食欲抑制効果
・吸収阻害効果
・デトックス効果など

 

確かに、痩せ薬と比較すると作用については弱めとなります。

 

しかし、痩せ薬とほとんど同じような機能を持っているのがダイエットサプリなのです。

 

問題は効果の強弱なのです。

 

体のことも考えて、まずはダイエットサプリメントを利用してください。

 

サプリメントで効果が得られれば、そのまま使い続ければよいのです。

 

飲み薬はダイエットサプリを利用して効果が出なかった時に初めて検討する、といった感じにすべきです。




注目の人気記事@今、実力のあるダイエットサプリ使用感レビュー↓↓