ダイエット中に食べていい野菜と食べない方がいい野菜

ダイエット中に食べても良いとされている食べ物が野菜です。

 

ビタミンやミネラルといった脂肪燃焼に役立つ成分を豊富に含んでおり、さらに腸内環境を整える食物繊維も豊富です。

 

それだけではありません。

 

カロリーも低い、といったおまけ付きです。

 

しかし、すべての野菜がダイエットにマッチングしているのではありません。

 

実はダイエットに適していないものもあるのです。

 

こちらでは、

 

ダイエットに役立つ野菜
ダイエットにマイナスの野菜

 

についてお話します。

 

 

■ダイエット中に食べるべき野菜とは?

 

・食物繊維の多いレタスがおすすめ

 

食物繊維は腸内で大きくなる、といった特性を持っています。

 

水分を吸収して大きくなるのですが、その影響で腸内を刺激します。

 

刺激を受けた腸内は、蠕動運動を繰り返すことになり、便が排出に向かうのです。

 

便秘はダイエットに大敵な存在です。

 

腸内に便が長時間留まることで、栄養がどんどん吸収されてしまいます。

 

その中には糖質も含まれているのです。

 

身についてしまうことになり、結果として脂肪になってしまいます。

 

 

・リコピンを摂取できるトマトがおすすめ

 

トマトには、有名な物質であるリコピンが含まれています。

 

リコピンには、脂肪をつきにくくする、といった作用があります。

 

定期的に摂取することでダイエットに大いに役立つのです。

 

トマトスープダイエット、なんてものが以前ブームになりました。

 

そのダイエットは、リコピンを摂取することで痩せやすい体質になること、さらにカロリーの低減を目的としています。

 

 

・野菜を摂取するときの注意点

 

なるべく加熱しないでください。加熱してしまうと、大事な成分である酵素を破壊してしまいます。

 

酵素については、ダイエットにも大きく関わっているので、野菜についてはなるべく生のまま食べるべきです。

 

 

■ダイエット中に食べてはいけない野菜

 

・血糖値を上げてしまう野菜を食べてはいけない

 

【血糖値を上げる野菜例】
・かぼちゃ
・とうもろこし
・じゃがいも

 

血糖値をなぜ上げてしまってはいけないのでしょうか。

 

血糖値が上がってしまうと、脂肪を身に着けやすくなってしまうのです。

 

ダイエットを成功させるためには、いかにして血糖値を上がりにくくするのか、といったことを考えなければなりません。

 

血糖値を上げてしまいやすい食べ物に含まれているのが「でんぷん」です。

 

ダイエット中には、なるべく「でんぷん質」が少ない野菜を食べてください。




注目の人気記事@今、実力のあるダイエットサプリ使用感レビュー↓↓