21時以降に食べるとデブになる!遅い時間の食事にはご用心

生活習慣として、遅い時間に食べる機会が多い、といった方もいると思います。

 

しかし、夜の遅い食事についてはダイエットに大きなマイナスをもたらしてしまいます。

 

要するに、遅い時間に食べるクセが付いていると太りやすいのです。

 

こちらではなぜ21時以降に食事をすると太るのか、といったことを中心に時間と肥満の関係性を探ります。

 

 

■21時以降に食べると太ってしまう理由

 

・寝るまでにカロリーが消費されない

 

21時以降に食事をして寝るのはなんじくらいでしょうか。

 

仮に0時だとすると、21時30分に食事が終わったとしても、2時間半しかありません。

 

その期間に夕食分のカロリーを消費できるわけがありませんよね。

 

カロリーが全く消費しきれないまま眠ってしまうのです。

 

寝ている間はカロリーを急激に消費するはずもありません。

 

食べたものがそのまま身についてしまう感覚になります。

 

これが夜遅い時間に食事すると太ってしまう原因なのです。

 

 

・そもそも夜はカロリーの消費率が落ちている

 

我々の身体ですが、基礎代謝といったものがあります。

 

なにもしないでも、生きるためにカロリーが消費されているのです。

 

その基礎代謝は主に昼間に行われています。

 

一方で、夜は消費率が著しく悪いです。

 

夜に食べてしまうと、消費カロリーが低い状態の時にカロリーが入ってくることになります。

 

入ってきたものは消費にまわされることなく、そのまま脂肪となって身についてしまいます。

 

 

■21時以降にどうしても食べなければいけない場合はどうすれば良い?

 

・炭水化物量を制限すること

 

脂肪になるのはほとんどが炭水化物です。

 

21時以降に食事しなければならない場合には、特に炭水化物の摂取量を減らしてください。

 

お酒などを飲んでいると、締めにラーメンを食べる、なんてことをしている人もいます。

 

麺類も立派な炭水化物なので厳禁です。

 

 

・脂っこい食べ物も控えること

 

油を沢山使っている食べ物やお肉系の食べ物もなるべく控えたほうが良いです。

 

脂っこいものを食べると、ごはんなどの炭水化物をどうしても欲してしまいます。

 

肉自体もハイカロリーとなっており、ダイエットには適していません。

 

 

・冷たい飲み物や食べ物は控えること

 

体を冷やしてしまうと、基礎代謝量が低減してしまいます。

 

夜というだけで基礎代謝に問題がでているのに、その上冷たいものを摂取してしまうと、さらにカロリーが減りません。

 

アイスクリームや冷たい飲み物は夜に飲まないでください。




注目の人気記事@今、実力のあるダイエットサプリ使用感レビュー↓↓