お腹ポッコリが気になる30代後半|おばさん体型になる原因は?

20代の時はスタイルに自身があったのに、30代になった途端にスタイルに自身が持てなくなった、といった方が非常に増えています。

 

年齢とともにスタイルは崩れやすいものなのです。

 

特にポッコリお腹といった、オバサン体型になってしまう女性が30代になると続出してしまいます。

 

こちらでは、おばさん体型になってしまう原因を探ってみました。

 

スタイルを良くするためには、まずは原因を探ることが非常に大切ですよ。

 

 

■便秘になってしまっている

 

・お腹にガスや便がたまるとお腹が出てしまう

 

便秘になると、お腹が膨らんで見えやすくなります。

 

毎日、しっかりとお通じがある方は腸内に便がありません。

 

それだけお腹も膨らみにくいのです。

 

一方で、便秘になっていると便も溜まっていますが、特に問題となるのがガスです。

 

腸に便が多くある状態が続いてしまうと、その影響でガスが大量に発生してしまい、ポッコリお腹の原因になってしまいます。

 

便秘を解消する、といったことがオバサン体型の打破にかなり重要になってくるのです。

 

 

■新陳代謝の悪化がおばさん体型を招く

 

・消費のしづらさが肥満を招く

 

おばさん体型で最も注意しなければならないのが、肥満です。

 

特に腰辺りにお肉が圧倒的につきやすくなってしまうんですよね。

 

若い時はスレンダーだったのに、洋ナシ体型になってしまった、といった方が非常に多くなっています。

 

なぜ太りやすくなってしまったのかといえば、カロリーの消費が大きく関連しています。

 

若い時は黙っていてもカロリーは消費されていたので、身についてしまうようなことは少ないですよね。

 

しかし、年令を重ねるたびに新陳代謝が悪化します。

 

今まで自然と消費されていたカロリーもなかなか減りません。

 

その結果、身についてしまうのです。

 

同じ運動をしていたとしても、消費カロリーに大きな差が生まれてくることもあります。

 

年齢が高くなった場合には、食事量を減らす、といったことも考えておくべきです。

 

 

■筋肉量が減ってしまっている

 

・太ももなどの腰回りの筋肉の減退に注意

 

筋肉量が減っている、といった症状は仕方ないところもあります。

 

そもそも、年齢とともに筋肉はある程度衰えてしまうものだからです。

 

特に太ももなどの大きな筋肉がつきやすい部位が弱ってしまうと、消費カロリーも低減してしまいます。

 

痩せやすい体質を得るためには、ダイエットサプリなどを利用するのも良いですが定期的な運動も行うべきです。




注目の人気記事@今、実力のあるダイエットサプリ使用感レビュー↓↓