空腹を我慢できない!置き換えダイエットで空腹知らずダイエット

ダイエットには大きなデメリットも潜んでいます。

 

ダイエットは基本的に食事制限を実施することになるのですが、過度な食事制限は様々なマイナスを生んでしまいます。

 

空腹を我慢できなくなり、ドカ食いに走ってしまう方が多いのです。

 

結果的にリバウンドしてしまう、といった報告も数多くあります。

 

ただ、そんな空腹を抑えられるダイエット方法がある、といったことを知っているでしょうか。

 

実は置き換えダイエット、というものがあります。

 

断食をする音ではなく、食事を特定の食品に置き換えるダイエット方法です。

 

それほど空腹感も感じないで済むんですよ。

 

こちらでは置き換えダイエットでなぜ空腹が抑えられるのか、といったことを解説します。

 

 

■お腹にたまりやすいものと置き換えるケースが多い

 

・満腹感をえられやすい食品と置き換える

 

置き換えダイエットをしたとしても、水であれば意味がありませんよね。

 

サラサラとしてすぐに空腹感が出てきてしまいます。

 

もちろん、水を飲むといったダイエット方法もあります。

 

水にも一定の満足考えられるのです。

 

しかし、カロリーもないので血糖値を変化させることが出来ず、すぐに空腹感が出てきてしまいます。

 

置き換えダイエットに関しては、クッキーを利用したり、ヨーグルトのようなどろどろしたタイプのドリンクを呑んだり、といったことを行います。

 

食感やお腹にたまる、といった感覚が得られやすいものに置き換えるのです。

 

カロリーもありますよね。

 

血糖値にも影響が与えられるので、空腹感を抑えることにつながってきます。

 

 

■ドリンクタイプの置き換え食品は工夫もできる

 

・お腹にたまりやすいもので割って飲むことができる

 

水で割って飲むと、あまり満腹感といったものは得られません。

 

そこで注目して欲しいのが、お腹にたまりやすいアイテムで割って飲む、といった行為です。

 

置き換えダイエットは、バリエーションが豊富、といったメリットも有るのです。

 

どんなもので割るとお腹に貯まりやすくなるのかといえば、

 

・牛乳
・飲むヨーグルト
・野菜ジュース
・フルーツジュース
・炭酸水

 

といったものがあります。

 

特におすすめしたいのが炭酸水です。

 

炭酸水はカロリーが含まれていません。

 

いくら飲んでも太ることはないのです。

 

それでいて、炭酸なので泡がありお腹を膨らます、といった効果も期待できます。

 

炭酸水は一石二鳥のダイエットアイテム、といっても過言ではありません。

この記事の関連ページ