すごく気になる蕎麦ダイエット!蕎麦って炭水化物じゃないの?

いまちょっとしたブームになっているのが蕎麦ダイエットと呼ばれているものです。

 

しかし、気になってくるのが、そばって炭水化物ではないのか、といった問題ですよね。

 

ラーメン等と同じように麺類なので食べてしまったら太りそうなイメージです。

 

そんなそばを食べてしまって、はたしてダイエットになるのでしょうか。

 

 

こちらでは、そばとダイエットの関係性についてお話します。

 

 

■蕎麦は炭水化物ではないのか?

 

・蕎麦は炭水化物、しかし・・・

 

確かに、蕎麦は麺類でもあり炭水化物です。

 

しかし、100%炭水化物とはいえません。

 

他の麺類も炭水化物が100%ではありませんが、特に蕎麦は少なくなっています。

 

【麺類100グラムあたりに入っている炭水化物量】
・パスタ・・・73グラム含有
・ラーメン・・・68グラム含有
・うどん・・・57グラム含有
・そば・・・27グラム含有

 

どうでしょうか。蕎麦は他の麺類に比べて圧倒的に炭水化物量が少ないのです。

 

パスタは73%も炭水化物となるので、食べてしまえばかなり太りやすいです。

 

一方で、蕎麦に関しては27%しか含まれていません。

 

パスタに比べれば半分以下しか含まれていません。

 

炭水化物量が少ない、これがそばを食べても太らないとする大きな理由となっているのです。

 

他の麺類を食べるのであれば、そばを食べるのがダイエットに適している、と言ったことになります。

 

特に、パスタやラーメンが好き、といった方は注意しなければいけませんよ。

 

パスタやラーメンから蕎麦に切り替えてみませんか。

 

 

■蕎麦には優秀な成分が多く含まれている!

 

・食物繊維
・ルチン
・ビタミン
・タンパク質

 

様々な素晴らしい成分が多く含まれています。

 

そばを食べることで新陳代謝がアップする、といったことも考えられます。

 

代謝がアップすれば自然とカロリーも消費するようになり、痩せやすい体質が得られるかもしれません。

 

食物繊維が多く含まれている点にも注目です。

 

肥満に悩んでいる方には、便秘で悩んでいる方も極めて多いのです。

 

食物繊維は腸内で大きくなり、便の排出に役立つ、といった作用を持っています。

 

排便をスムーズにすることで、体内に吸収されるカロリーを抑制する、といった効果も期待できます。

 

腸内環境も良くなるので、ガスがたまりにくくなり、ポッコリお腹になりにくい、といったメリットも隠れています。

 

 

■そばダイエットの注意点

 

・食べ過ぎないように

 

炭水化物であることには変わりありません。

 

蕎麦を食べ過ぎてしまっては太ることになります。

 

「おかわり」はしない、といったことを決めたうえで食べてくださいね。

この記事の関連ページ