ダイエット中に食べるならどっち?うどんと蕎麦低カロリーなのは?

麺類が好きな方は、ダイエット中でもなかなかやめられません。

 

そこで考えて欲しいのが、どうせ食べるのであれば、少しでもカロリーが低い麺類を食べる、といったことです。

 

麺類にもカロリーが高いものと低いものがあります。

 

少しでも低いものを選択することがダイエットに大きく関わってくるのです。

 

こちらでは、

 

・うどん
・蕎麦

 

の二つのうち、ダイエット中に食べる場合はどちらにすべきか、といったことをお話します。

 

社食や学食、または定食屋などで二つのどちらにしようか頭を抱えている方の手助けになれば幸いです。

 

 

■意外!実はうどんのほうが低カロリーだった

 

・蕎麦100グラムあたりのカロリー数・・・114キロカロリー
・うどん100グラムあたりのカロリー数・・・105キロカロリー

 

僅かの差に感じるかもしれませんが、200グラムから300g程度1色で食べるので20キロカロリーから30キロカロリーの差になります。

 

1日1食食べていれば、1ヶ月で600キロカロリーから900キロカロリーです。

 

1食分くらいの差がついてしまうので、無視はできません。

 

うどんのほうがカロリーは高いのでは、と思っている方が多いかもしれません。

 

確かに、太いですし、食べるとお腹にたまる印象がありますよね。

 

実はそれにはからくりがあるのです。

 

蕎麦とうどんの麺を比べてみましょう。

 

モチモチしているのはどちらでしょうか。

 

圧倒的にうどんですよね。

 

もちもちしているということは、実は水分を多く含んでいるのです。

 

ですから、うどんのほうがカロリーは低い、といったことになります。

 

 

■うどんは蕎麦よりもダイエットに適しているのか?

 

・判断は難しい

 

まず食べごたえ、満腹感、といった店ではうどんのほうが上回っています。

 

ダイエット中の空腹感が苦手、といった方には、蕎麦よりもうどんが適していることは明らかです。

 

食感もあるので、食べた気にもなりますよね。

 

少量でもお腹にたまりやすいメリットがあります。

 

一方で、代謝量を高める、といった観点からはそばのほうがプラスです。

 

うどんと蕎麦の栄養素を比較すると、そばのほうが良いのです。

 

多くの栄養素を含んでおり、身体に取り込むことで、細胞などが活性化され代謝量を高めてくれます。

 

そばですが特に注目してほしい栄養素としては、抗酸化作用のあるルチン、アミノ酸系のリジン、さらにビタミンとしてはビタミンB1やビタミンB2といったものがあります。

 

様々な成分を効果的に含んでいる食材が蕎麦なのです。

 

 

この記事の関連ページ