美しく痩せなきゃ意味がない!キレイに見える理想の体重とは

ダイエットが成功したとしても、ガリガリになってしまえば意味がありません。

 

人から美しい、とは思われません。

 

ダイエットしたことで、かえって容姿に問題を背負ってしまうかもしれません。

 

そこ考えて欲しいのが体重です。

 

どのくらいが自身にとって利用的な体重であるのか、といったことを知るべきなのです。

 

モデルの方であれば、30キロ台なんて当たり前かもしれませんが、一般の女性が30キロ台だとガリガリで不健康に見えてしまいます。

 

健康的で、しかも美しいと思われる利用的な体重について徹底解説します。

 

 

■身長から導き出す美容体重とは?

 

・身長145センチ・・・38.9キログラム
・身長150センチ・・・41.6キログラム
・身長155センチ・・・44.5キログラム
・身長160センチ・・・47.4キログラム
・身長165センチ・・・50.4キログラム
・身長170センチ・・・53.5キログラム

 

少し衝撃的な数字になってしまったかもしれません。

 

思ったよりも美容体重が低い、といったことを感じてしまいますよね。

 

かなり低めで女性にとっては目を背けたくなる数字です。

 

記載した数字を目標体重としてもよいですが、もう少し体重があっても問題ありません。

 

特に身長160センチ以上ある方は、美容体重がかなり低めに設定されている印象があります。

 

おすすめなのが、「身長−110」といった計算方法です。

 

身長160センチであれば50キロくらいを目標にするわけです。

 

美容体重は大体わかりました。

 

では、女性の平均体重はどれくらいなのでしょうか。

 

美容体重と大幅に違っているのでしょうか。

 

 

■女性の平均体重とは?

 

・身長145センチ・・・46.2キログラム
・身長150センチ・・・49.5キログラム
・身長155センチ・・・52.8キログラム
・身長160センチ・・・56.3キログラム
・身長165センチ・・・59.8キログラム
・身長170センチ・・・63.5キログラム

 

美容体重と比べると、やはり重めになることは事実です。

 

しかし、それほど体重があるわけではありません。

 

この程度でも良いと思えるのですが、問題は見た目でしょう。

 

そこで注目して欲しいのが、体重があっても見た目が綺麗に見える方法はないのか、といったことです。

 

 

・インナーマッスルを鍛えよう

 

体内にある筋肉を鍛えて増大させると、体重がありつつも見た目が綺麗になります。

 

ヨガやピラティスといった方法でインナーマッスルは効率的に鍛えられるのですが、姿勢が良くなる、といったメリットもあります。

 

筋肉は重いのですが、見た目的には締まって見えるので体重があったとしても問題ありませんよ。




注目の人気記事@今、実力のあるダイエットサプリ使用感レビュー↓↓